3Dプリンターで試作品や部品を作ってみよう

3Dプリンターの素材選び~目的を考慮して選ぶ~

3Dプリンターで試作品や部品を作ってみよう

3Dプリンター

3Dプリンターの機能

図面から立体を造形するのが3Dプリンタの機能です。少し前までは何百万円もする高価な機械でしたが2014年2月の重要特許期限切れに伴い数万円~数十万円のものが発売され、多くの企業や家庭に普及しました。

3Dプリンター

3Dプリンターに使われる材料

目的や作りたいものによって材料が選べますが家庭で手軽に使えるのはABS樹脂とPLA樹脂です。ABS樹脂は着色ができるので色も含めて造形を確認したい場合に重宝します。PLA樹脂はプリントするときの温度がABS樹脂よりも低いので弾力性がなく固い素材です。大型のものを作るならこちらの方が便利です。他にも砂を固めて造形するタイプや金属を固めるタイプなど使える素材がたくさん出てきています。目的に合わせて素材を使い分けましょう。

3Dプリンター

試作品も手軽に作成可能

試作品を作るのに実際に素材を削ったり、部品を全て作って組み立てるのは時間と労力がかかりすぎ、現実的ではありませんでした。3Dプリンターはそんな手間をすべて省いて立体で造形を作ってくれます。試作品を立体で作ることには大きな意味があり、後工程の手戻りを最大限まで減らせます。持ちやすいのはどちらか、色の生える形はどちらかなどこれまで図面の上だけではなかなか試せなかった部分をしっかり検証ながら試作品を観戦品に近づけていけます。

3Dプリンターと通常のプリンターはどう違う?

出来上がるものの目的が違う

通常のプリンターは当然紙に印刷することが全てです。できた資料や図面は机の上で情報を整理することや知識を確認することに使えます。3Dプリンターで作った立体は質感や見た目を確認するのに使えます。一つの造形で2D図面と3Dの実物があるとすべての情報をそろえることができ便利です。

印刷に使う素材が違う

3Dプリンタは樹脂や金属などの素材を使います。中には高温に弱いものや長期間空気に触れると性質が変わるものがあるので素材の保管には紙以上の注意を払いましょう。3Dプリンタの素材は大量購入していつまでも保管しておくよりはある程度必要な単位で都度購入すると失敗がありません。